もよねもね

ゲームの感想をあやふやな記憶で書く

まだ途中だけどセイレムおもしろすぎない?

12月1日(金)時点で公開されている6節までクリアしたから、感想をブワァーっとぼわぁ――っと書くよ。

前回の剣豪感想は話の流れをけっこうまとめて本格的にネタバレしてて、自分でもこれ大丈夫かな…って思ってたけど書ききった達成感でしばらくブログのことを忘れていた。

セイレムおもしろすぎ

正直、実装前はあんまり期待してなかった。あからさまに不穏な雰囲気がアガルタっぽかったから。正直なところ、アガルタはがっかり感が大きくて無かったことにしてた。

最近アガルタを進めているフォロワーがメガロス戦のスクショをツイートしてて「そういえばここでFGOやめようと思ってた」とうっすら思い出した。それ以外はラピュタだったことしか覚えてない。もはや特異点としての記憶を消していた。

今年は英霊剣豪七番勝負がぶっちぎりで一番だろう。本当にいい夢を見させてもらった。武蔵ちゃん、おぬい、小太郎、段蔵、みんなの勇姿は忘れない。そして剣豪の余韻に浸っていたら、ひょんなことからリンボや柳生おじいさんの絵師である古海鐘一さんが描いている最高の漫画(バベルハイムの商人)に出会ってしまってもうお腹がいっぱいだった。新規クリスマスイベントさえ終わればもう怖いものはない、ホクホクの年明けだ、半ばそう決めつけていた。

いざセイレムが始まってみたらどうよ。最初から疑心暗鬼まつりだよ。これは祭りだ。最高だ。

剣豪とか七章みたいな「悪に立ち向かう」王道ものに心を打たれてきたから忘れていたけれど、わたしはFGOにはまる前までは湊かなえのドロッドロの小説が大好きだった。贖罪は本当に好きで文庫本を少なくとも5回は読み返した。

最初から暗いのはいつものことだけど、今回は事象があまりにも不可解で何も状況がわからないという怖さがあってハラハラドキドキ。

f:id:mynmn:20171201234647p:plain

マシュかわいいーーーー!!!!!!!!!

選択肢が「今日もふっかふかだね」だったんだよ。ぐだと固い握手を交わしたい。わかる。

f:id:mynmn:20171201234706p:plain

f:id:mynmn:20171201234708p:plain

ダヴィンチちゃんが召喚したサーヴァントが逃げたらしい

そしてメディアに扮してレイシフトしてしまった!!!!

ていうかこれマリスビリーのシルエットやんけ

カルデアの状況的にマリスビリーが生きてるわけないけど、魔術の世界とカルデアのあれ(最先端)のあれ(技術)なら蘇生とかよく似たホムンクルスの作成とかいけるでしょ マリスビリーさん何をしでかすの ここで二部に大きい伏線を?こんなにあからさまに?え~~~?????

ちなみに終章のマリスビリーさんこれね

f:id:mynmn:20171201234744j:plain

ほら ほら一緒じゃん アニムスフィア~~~!!!!

と思っていたけれどまったくの勘違いだった。でもこれはミスリード誘発してたはずだよ。だってこれまでこの影が出たことはほとんどなかったからね

f:id:mynmn:20171202000123p:plain

△七章とか終章あたりでも見たような流れ

どうやらこれが最後のレイシフトらしい

カルデア設定で国連がレイシフトの決定権がどうこうって話がたまに出るけど、あんまりピンとこないのよね。FGOの世界での国連ってどんな組織なのかしら。

f:id:mynmn:20171202000126p:plain

f:id:mynmn:20171202000128p:plain

△メディアさんあやしい

口調からして男だしやっぱりマリスビリーさんなのではと思った~~

けどキルケーだった

キルケーはかわいい 見た目がかなりかわいらしいのに口調がさっぱりしてるところがかわいい メタな話をするとイラストが左さんだからかわいくないわけがない

f:id:mynmn:20171202000130p:plain

f:id:mynmn:20171202000134p:plain

今回の特異点でほんとうにうれしいのは、久々にマシュが同行していること!!

第一部が終わってから戦闘ができなくなったらしく、2017年以降の新規イベントでも亜種特異点でもマシュはナビゲーター的な役割だったから、一緒に旅ができてとってもうれしい。しかもマシュがみずから立候補したんだよ。泣ける。

 

画像がアップロードできなくなったから今日の感想はここまでにする

とりあえずアビゲイルかわいいしサンソンもロビンもマタハリシバの女王も全体的に好感度が高くて明日の更新が楽しみ