もよねもね

ゲームの感想をあやふやな記憶で書く

英霊剣豪七番勝負 ネタバレ感想②

ネタバレ感想②黒縄衆合地獄との戦闘~妖術師の最期まで

それ以前の記事はネタバレ感想①へ

mynmn.hateblo.jp

 

 

前回に引き続きネタバレだらけの感想を書きなぐっていくよ!遠慮せずにネタバレするけど、記憶があやふやなところは脳内補完で適当なこといってるかもしれないから気を付けてね!

 

そういえば、特殊演出直前の口上をみるに、英霊剣豪っていうのは英霊の体にわるいもの(宿業?)をうめこんだものらしい。だから英霊の体は入れ物(作中では骸と呼ばれていた)で、身体は中身のわるいものに支配されている状態だったような気がする。

声や見た目は英霊そのものなだけに、カルデアにいるサーヴァントが英霊剣豪として立ちはだかった場合、主人公が戸惑うことになる…というケースが次の敵にあらわれる。

 

ナントカ三戦目が終わった。次の剣豪のシルエット、やけに見覚えがあるような…。酒呑童子源頼光にしか見えないような…。

てっきり1節にボス1人だけだと思ってたのに、この節の名前は「黒縄衆合地獄」だった。まさかあの二人まとめて?そんなはずないよね~(笑)と余裕こいていたのだけど、

そんなはず、あった。というか、シナリオ的にも戦闘的にも一番ピンチを感じたのはこの節だったと思う。黒縄と衆合が庵まできて急にこどもたち(ぬいと田助)をさらっていき、みんなで裏山まで探しにいったところで主人公がさらわれ、主人公は衆合地獄に内臓をえぐられる、という波乱の連続。

主人公は看病してもらったあとすぐに彼女らを倒しにいったけれど、内臓をかきまわされたんじゃなかったっけ?もしかしてアヴァロンとか発動してた?

後からわかることなんだけど、衆合地獄(酒呑童子)が主人公の内臓をかきまわすシーンはただ趣味でグロいことをやってるんじゃなく、この世界にきて魔術回路がうまくつながってなかった(?)主人公のために、なじませてくれてたらしい。そんな手荒いやり方あるのかよ!

f:id:mynmn:20171021200653p:plain

△だいぶ関係ないスクショだけど見て。段蔵がかわいい。まする。

f:id:mynmn:20171021200705p:plain

△ぬいと田助を探しに裏山をのぼっている場面

ぐだって一般人(ふつうとは言ってない)って設定だったと思うけど、さすがに世界中をかけめぐってると足腰も鍛えられるものだよね。なんというか…この設定開示ありがとうな。よくわかんないけど、ありがとうな。

f:id:mynmn:20171021200717p:plain

△英霊剣豪が出現すると空が曇り、昼夜問わず空には赤い月があらわれる

f:id:mynmn:20171021200730p:plain

△戦闘前の特殊演出!

生放送でもあったように、今回は戦闘前に特殊な演出が見られる。スキップできないから、再挑戦するときに正直かなり面倒だった。かっこいいし戦うモチベも上がるけど、重くなりそうだねえって思ってた。

黒縄衆合地獄は文字通り地獄だった。ふたりとも全体宝具だし、容赦なく弱体付与してきて、これは萎える前にクリアした方がいいと思い、令呪3画と石ひとつでナントカ倒した。すべての戦いのなかでここが一番つらかったな。シナリオでわりとエグいことをやっていたのも相まって、戦闘が終わって3時間くらいは見たくなかった。

f:id:mynmn:20171021200740p:plain

△それを考えるとこの礼装はおそろしいコラボだ

 

四・五番目が一気に片付いたら事態が急変する。清姫のいる土気城が、英霊剣豪たちにのっとられ、マップが暗黒っぽくなる。城の名前は厭離穢土城らしい。厭離穢土城はまだ完全に起動してなくて、清姫をいけにえにしたら完成してしまうらしい。完成って、なんだろう。

f:id:mynmn:20171021211831p:plain

△「刻は来たれり」で魔陣柱の登場を覚悟したけど、結局いなかった

f:id:mynmn:20171021211844p:plain

△「ンンーッ」ってさ、萌えすぎて気持ちを言語化できないオタクあるあるかなって思ってたし、そうじゃなくても一瞬でこのキャラがイロモノだって分かるからすごいよね

f:id:mynmn:20171021211854p:plain

△黒縄衆合地獄を倒したあとの日常パート。武蔵ちゃんかわいい

日常パートの再開かと思いきや、城が大変なことになったからすぐさまかけつける。

f:id:mynmn:20171021211908p:plain

このシルエットを見た瞬間、衝撃が走った。シルエットは何度か見ていたはずなのに、なんで正体に気づかなかったんだろう。会話中に切支丹とか言ってたのに…!

f:id:mynmn:20171021211929p:plain

△1.5部おなじみの江戸文(当て字)

クリアしたあとに検索してたら「1.5部は監獄塔クリア前提だわ!」というツイートを見かけた。わたしは復刻のときに監獄塔をクリアしたけど、シナリオがあまりにハイコンテクストというか謎に包まれているというか、正直まったくシナリオの言わんとすることを理解できずにとりあえず読んだだけだったから、エドモンは今回どんなつながりなのかよくわかっておらず、良い助言をくれる、ということしかわからない。

夢を見ている間に敵を倒したり仲間が増えたり…という、監獄塔と「剣豪」の性質的なつながりなら納得できるけど、だからってなんでここに出てきたんだろう?新宿にも出てきたし、なんなら「剣豪」のアバンにも出てきたよね?なんでだ???

エドモンのまわりはいつもハイコンテクストな空気に包まれていて、もっと直球かつ熱血に話してくれないとわたしみたいなマスターが謎だらけになってしまう。

 

さて、タコみたいな海魔みたいな足をたくさん生やした城にいくと、イロモノことキャスター・リンボが出てきた。

f:id:mynmn:20171021211944p:plain

f:id:mynmn:20171021212001p:plain

自らを安倍晴明と名乗ったときはさすがに笑ったしちょっとショックだった。なぜなら、歴史や神話にうとく、ふだんは真名をきいてもヘェ~…?としかならないわたしでも知ってる名前だったから。平安時代陰陽師じゃないのかよ!こんなピエロみたいので…いいのかよーーー!

f:id:mynmn:20171021212014p:plain

と思ったらね、戦闘前に怨恨のかたまりみたいな強い雑魚っぽくなった。安倍晴明じゃなかったことに安心した。

ここも手強かった。ノーコンでいこうと思って2回くらいやり直した。最終的には術マリーの無敵とクリティカルを活用してナントカ倒した。

試行錯誤をくりかえしているからあんまりパーティには言及していないけど、今回のボス戦では術マリーにケイネス礼装(月霊髄液)を付けたのをパーティの最後に配置する、という通称「要塞作戦」を使いまくった。強化解除系のスキルを使われてもケイネス礼装の無敵は解除されないみたいだから、みんなもやってみて!!!そして術マリーに頭が上がらなくなろう!

 

f:id:mynmn:20171021212028p:plain

△使ったことがなかったはずの小太郎が…?

f:id:mynmn:20171021212039p:plain

△リンボにもナントカ勝ちました

f:id:mynmn:20171021212051p:plain

△小太郎がすごく怒っています

城に入っていったとき、段蔵がなにやらもごもご言いはじめた。武蔵ちゃんが「敵側のスパイでしょ!(意訳)」ってはっきりと切り出した。段蔵はびっくりしていたけど、みんななんとなく察していて、それでも仲間として一緒に行動していた。

敵側といえばもちろん剣豪たちのことなんだけど、壊れたからくりの段蔵を拾ってくれたのはキャスター・リンボで、直して段蔵を使っていたらしい。でもリンボのわるいところは、完全に直さずに中身を少しずつ壊れさせていって、その過程を楽しんでいたところ(ちょっと記憶があやふやでごめん)。

ハーーー、この時点で最悪じゃない???かわいい段蔵をさ。だめだよ。

リンボにあやつられて(命令されていて?)、主人公たちと段蔵は戦うことに。戦わずにすむのならそうしたかったよーーー

戦いが終わろうとするとき、段蔵は自爆して、壊れて消えていった。そこで小太郎は叫ぶわけですよ。「母上!!!

母との別れを済ませて、母からの魔力を受け継いで強くなった小太郎。立ち絵もいわゆる第二再臨から第三再臨になった。わたしはここで小太郎を金枠にしなければならないと決意した。

キャスターを倒して上の階へかけあがると、でてきた、謎すぎるフードマン

f:id:mynmn:20171021212107p:plain

 人を斬る…

f:id:mynmn:20171021211548p:plain

モノ…だったの………?

武蔵ちゃんも小太郎も村正も、そしてわたしもまったく予想してなかった展開へ。彼はサーヴァントじゃなくて生身の人間なんだってよ。狂ってやがる!

「1.5部は味方だと思ってたら敵側のボスでしたという展開が多すぎる」というツイートを見かけたが、わたしぐらい頭を空っぽにして見ていたらまったくそんなことに気がつかない。気づかなすぎて自分でもびっくりだよ。

武蔵ちゃんは剣士としてのプライドをかけてエンピレオと戦う。

f:id:mynmn:20171021211600p:plain

武蔵ちゃんが勝利。終章の人王ゲーティア戦のような、信念をかけた戦い。ひたすらにかっこよかった。

戦闘面についていうと、セイバークラスの男性サーヴァントはオリオンがいたら困ることはない。オリオン、いつもありがとう。KKUAM。

そしてさらに上にいくと妖術師こと天草くんがあらわれた。目が怖いね。スクショ取るのを忘れたよ。アヴェンジャーになってるから、BBちゃんで無双した。

はぐれサーヴァントの村正。自分が召喚されたのは妖術師にとどめをさすためだと気づかされ、すっごい演出がはじまる。

f:id:mynmn:20171021211610p:plain

BGMエミヤのアレンジが流れたし、武内絵のスチルだったし、ADVぽかった。あれっこれステイナイトだったか…?出自を聞く限りエミヤともシロウとも関係なさそうなのはおいといて、一番のみせどころはかっこよかった。

f:id:mynmn:20171021211627p:plain

小太郎が仕上げにグサッとして、妖術師は終わった。

(知らんうちに火事になってる…逃げないといけないのでは…)

 

きりがよいから一旦ここで終わるけど、

!!!まだストーリーの続きはある!!!

!!!むしろ今からクライマックス!!!

ネタバレ感想③ではクライマックス~終盤その他を書く予定です。

最後まで見てくれてありがとう!

 

つづきはこちら

mynmn.hateblo.jp