もよねもね

ゲームの感想をあやふやな記憶で書く

FGO七章 ネタバレ感想

こんにちは。七章の感想を撮りためたスクショとともに書きます。

まずその前にわたしのガチャ結果と愛を見て。

f:id:mynmn:20161221123753p:image

f:id:mynmn:20161221123802p:image

クエストを進める前に引けた!ありがとうございます!今のところアナは宝具Lv3、賢王は宝具Lv2、そしてエルキドゥの宝具レベルは0。世知辛い。

f:id:mynmn:20161221130359p:image

そしてそして、ついに絆礼装を得た。初めての絆10は、やはりセイバーオルタ。他のスタメンはほとんどLv6だから、ゆっくり上げたらいいかな。

 

○絶対魔獣戦線 バビロニア

ウルクに着いてからの前半は、街のひとのお手伝いをする日常パートが多めだった。

ウルクに着く前は…仲間だと思ってたエルキドゥ(NPCでLv100)が、当時は死んだあとだったとか…実はわたしたちを陥れるために仲間を装ってたとかあったけど…  しばらく忘れよう。

f:id:mynmn:20161221130310j:image

七章はマシュの表情差分が増えてた。

f:id:mynmn:20161221130648p:image

展開の中でけっこう驚いたのは、ジャガーマンの登場だ。桜や凛がサーヴァントになるとは言われていたけど、ジャガ村先生が出てきたときは目を丸くした。あのSNっぽいギャグ感のある表情、まさにジャガー… タイガー…?

ぐだの選択肢「ジャガーマンってほんとにいたんだ…」に共感した。ジャガーマンのことは、ちゃんと他作品で伏線が張られてたらしい。

f:id:mynmn:20161221131131p:image

f:id:mynmn:20161221131143p:image

f:id:mynmn:20161221131216p:image

おちゃめな賢王。働きづめだから息抜きに、とぐだとマシュにわざわざついてきてくれた。

ちなみにこのパートに出てきた???表記のゲストサーヴァントはギルガメッシュ[キャスター]だった。エネミー傾向がアサシンとしか書いてなかったからいけるかと思いきや、ラスボスだけライダーだった。シナリオから戦闘までがセットの完璧な流れ、ご愁傷様です!

 

f:id:mynmn:20161221132133j:image

ギルガメッシュの生前、叙事詩に書かれている不死を探す旅について。マーリンの言ってることはつまり、

「共に旅をするような相棒でもないかぎり、踏み込んだ思い出話は語らない。」

みんな、今これを読んでザビの顔が浮かんだよね。完全に、ザビだよね。「ちょっと口を滑らせる」と言って、かな〜りありがたい話をしてくれた英雄王が浮かんだよね!こんなところに仕込んでくるなんてずるい。嬉しい。

f:id:mynmn:20161221132622p:image

これはギルガメッシュが粘土板を読むための詠唱。意味が知りたくてスクショ撮ってた。

関係あるかは分からぬが、ウル・ナンムという人はウルク第三王朝の始祖だったらしい。関係あるかは分からぬ。

 

f:id:mynmn:20161221132830p:image

f:id:mynmn:20161221132841p:image

f:id:mynmn:20161221132850p:image

誠に申し訳ない、ここらへんはあんまり記憶がないんだけど…ティアマト戦。ティアマトの力を借りているという点ではティアマトだけど、後からわかる本当の名は、複合神性ゴルゴーン。ゴルゴン関係ってことは、何となくわかるよね。だってほら、髪とか、髪の色とか、前髪の形とか、ね?

f:id:mynmn:20161221133111p:image

ここは耐久戦ではあったものの、邪ンヌ孔明マーリンでガード固めつつ宝具連発したらほとんどHP減らずに楽しめた。

f:id:mynmn:20161221133233p:image

NPCのマーリンは最強… 性能は少し変わったけど、あしたから限定ガチャにくるマーリンも強い。NPCがかなり頼りになるところは七章の醍醐味だと思う。

 

f:id:mynmn:20161221133358p:image

ウルクに住む女神イシュタルを仲間に入れよう!そしてグガランナを使ってティアマト(ゴルゴーン)を倒そう!むしろそっちの方が本当の目的!というとき。

賢王様、ぐだがイシュタルと交渉するために、宝物庫の鉱石類の、なんと3割をゆだねる。そんな簡単にあげていいんだろうか。のちのち書くけど、これも心構えの表れだったのだろうか?

f:id:mynmn:20161221133828p:image

そして見事に作戦成功。さすが遠坂凛、イシュタルの器になっただけある。フォウくんの特別意訳もいつも通りフリーダムである。

 

f:id:mynmn:20161221134458p:image

密林に向かうとき、夜の見張りをしてるぐだの話し相手になってくれるイシュタル。くしゃみで変わる方のイシュタル。すっっごいかわいくて好き。品のある様子、あふれでるかわいさ。金髪。もしも実装されるなら、性能が微妙でも戦力が十分でもガチャ回す。

f:id:mynmn:20161221134749p:image

f:id:mynmn:20161221134802p:image

三女神同盟のうちのひとり、ケツァル・コアトルが登場!密林の女神はジャガーマンのことだと思ってたし、ケツァル・コアトルのことも最初は茨木ちゃんだと思ってた。コアトルさん、すさまじく殺意むき出しの顔で戦いを挑んでくる。

七章で戦った人はここで苦戦する人が多かったらしい。なんせ、善属性の攻撃が通らない!マシュや式さんをパーティに組むと、戦力にならないというもどかしさ。わたしはキリツグとカーミラさんとフレジャックで切り抜けた。

f:id:mynmn:20161221135217p:image

みんなはイシュタルのことを三女神同盟の1人だと思って行動してたけど、イシュタルは会話してるときに「知らないわよ」なんて言い出す始末。あれ?

 

ごめん、ちょっと書くの飽きた!!少しずつ書き足していく!!

 

ネタバレ感想②はこちら 

mynmn.hateblo.jp

 

アクセスありがとうございます

こんにちは。久しぶりにブログを開いたらアクセスが上がってた。詳しい解析はパソコンからしか見られないけど、たぶん七章が配信されたからだよね。読んでくださったみなさま、ありがとうございます。

七章、わたしもクリアしたよ。六章とCCCとSNで感動して、七章もきのこが担当してるって知ったから、ありえないほどの期待を抱いてた。でもその期待をはるかに超える壮大なRPGだった。

ここのカテゴリはFate感想だから、七章プレイ時に撮ったスクショを大放出するやつもやろうと思う。わたしはよく分からないけど、ネタバレは遠慮なく垂れ流すブログだから、そこはよろしくお願いします。魔神柱をぼこぼこにするイベントが始まる前にやらないと全て忘れてしまうから明日にでも。

もう遅い時間だから、また。

 

追記

我がカルデアのセイバーオルタさんが絆10になりました。絆礼装は宝具威力UP+すべての攻撃に確率デバフつきというやばいやつ。あの、七章で出てきた通常攻撃に毒ついてるやつかよ。

【ネタバレ】CCCルート①

この記事はFate/EXTRA CCCの物語の核心となる部分を盛大にネタバレしています!

 

 

 

 

 

おはようございます。いまFGOがすごいね!クリスマスイベント開催中、ガチャはイシュタル、天草、アルテラ。限定が大渋滞してる。わたしはイシュタルに本気出してたけどやめた…。

2週間ぐらい前にCCCルートを終わらせたから、なけなしのスクショを貼って感想を書くやつやります。多いから2つくらいに分けます。

 

CCCルートね、すごかった。泣きそうになった。そしてやっぱり、英雄王はかっこいい。それゆえ、怒涛の展開に夢中になっていてスクショを撮る暇もなかった。一番のネタバレになるところのこと。特にラスボスは開いた口が塞がらないから、そこはぜひ、想像か実際にプレイするかで補ってほしい。

😐🐲(すまない)

ほんとはCCCルートの感動を力説するだけの予定だったけど、無印をそっちのけで3周目に入ろうとしたら、突然「おまけモード」と称したBBちゃんのパニッシュタイムが始まった。だからそのことも書くよ。まぶしすぎたけど楽しかった。

ところどころ曖昧なところがあるけどゆるしてね。

 

 ○メルトリリスとの別れ

時は六章、メルトリリスに勝った。 

 f:id:mynmn:20161125135848j:image

▲王と消えかけのメルトリリスの会話

CCCルートでの白野は、桜に対する想いが強い。パッションリップとメルトリリスにパニッシュをしないのは、桜に似ているからだったような。この“桜への想い”が大きな鍵を握ってるよ!

f:id:mynmn:20161125140238j:image

白野とギルガメッシュを心の中(レリーフ)から追い出したあとの最後の言葉。これは通常(鯖ルート)にはなかった。意味深だ。

 

○過去と現在と未来

ここからBBちゃんを倒しに行くまでは鯖ルートとほぼ同じ。とりあえず書いておく。

中枢にたどり着くと、BBらしき女性の大きなレリーフが立ちはだかっている。どこからともなくBBらしき女性の声でアナウンスが聞こえてくる。アナウンスによると、BBがムーンセル中枢に着いたのは、69日前のことだった…?

生徒会室から急かされ、白野とギルガメッシュは消されるギリギリのところで旧校舎に戻ることができた。ここから七章の始まり。

生徒会室メンバーは<セブンレイター>という、BBがムーンセルを掌握してから7日後の人類をシミュレートする装置(主に絶滅?の可能性)を作っていた。しかしそれは、「BBが69日前にムーンセルに到達していた」という事実が発覚した時点で、何の意味もなさなくなった。凛やラニはこの事実に絶望し、どうせ無駄だったと言う。しかし、白野は折れない。

f:id:mynmn:20161125143549j:image

▲皆を元気付ける英雄王。心なしか韻を踏んでいる。

BBは「ムーンセル中枢に到達した」という事実を確定させたのであって、未来は決まっていない。という超ポジティブ精神で凛とラニの心に火を灯す。

このあたり、わたしにとっては書いてあることが非常に難しかった。きのこさんすごい。

ところで、七章が始まってから画面(背景側)が淡い色になっている。わたしは、「すでにBBが確定させた過去に存在している」という絶望感を表しているのだと思う。予想ね!ただ、回想シーンはもっとセピア色だった気がするから、どうだろう…

そしてまだ確定していない未来を変えるため、みんなでBBを倒す決意をする。準備を整えて、いざムーンセル中枢へ。

・余談  BB戦前夜

f:id:mynmn:20161125183904j:image

なんとなく目が覚めて校庭の桜の木を眺めていると、桜と出会う。そこでしばらく話すんだけど、そのときの様子がこれ!

頼りになるギルガメッシュの長所…!!!!

主従って最高

 

○BBちゃんと白野

鯖ルートでは、中枢に着いたらBBと戦い、そのまま個別エンディングになる。でも、CCCルートでこれまでパッションリップやメルトリリスを倒さなかったのは、桜に似ているから。当然、白野はBBと戦うのをためらう。

f:id:mynmn:20161125184232j:image

なんやかんやあってBBはデレる。いま七章なのに、ここからBBの表情差分がたくさんでてくるよ。主にデレ顔が多くなる!特に顕著なのはパニッシュのとき。

ここでまさかの真ラスボスの登場。名前は書かないけど、旧校舎にいるメンバーで常に色気を放っていたあの女性です。まさか、こんな身近にラスボスがいたとはね。

f:id:mynmn:20161125184433j:image

f:id:mynmn:20161125184445j:image

ぬかる英雄王

ラスボスがラスボスになるに至った過程をみせられる。その間にラスボスはいつものシンプルな衣装からスーパー痴女みたいな格好に着替えてる。

f:id:mynmn:20161125185314j:image

f:id:mynmn:20161125185330j:image

最先端技術をもって白野のもとに駆けつける王。王〜〜〜😭

f:id:mynmn:20161125185412j:image

背景の妙な和風が不気味である

いざラスボス戦!!宝具が最悪だよ!!

 殺生院キアラ 宝具&SKILL(CCC) - YouTube

ぜひみてほしい

f:id:mynmn:20161126223740j:image

白野が勝ったあと、アンデルセンが「愛は知っているけど恋は知らない」というキアラに放った言葉。

f:id:mynmn:20161126223852j:image

 

○王との別れ

王と出会った場所にて。

CCCルートだろうが最後までかっこいい!最初は白野のあがきをただ見物するだけといっていたギルガメッシュを、一緒に戦ううちに信頼していった。

「いや、尊敬なんてしてないし」なんて言ってたのに!貴方という呼称が余計に涙を誘う。f:id:mynmn:20161126224243j:image

まるで、Fate/Zeroのウェイバーちゃんとイスカンダルの最後のシーンを彷彿とさせる。ああ、そこにもギルガメッシュはいたなぁ。

わたしも別れたくないよーーーー😭😭😭

f:id:mynmn:20161126224701j:imagef:id:mynmn:20161126224709j:image

f:id:mynmn:20161126224732j:image

f:id:mynmn:20161126224751j:image

ここ、いちばん好きなシーン。この記事見た人はみんな目に焼き付けて。4枚目の表情が優しくて、白野のことわかってて、ほんとうに、好き。

f:id:mynmn:20161126224855j:image

ギルガメッシュと契約するときに令呪を使いきったから、表側に戻ったらムーンセルに消されてしまう…はずだった。

令呪をもってるサーヴァントって、聖杯戦争そのものを覆さない???大丈夫?

ギルガメッシュ、宝具といい令呪といい、あらゆる反則技が許されるサーヴァントだな…

 

書きかけで間が空いてしまったから、CCCルートのエンディングとBBちゃんのパニッシュタイムは次にします!

岸波白野はすごいんだ

※注   この記事はFate/EXTRA CCCのネタバレをします!そして長いです!

 

 

 

 

Fate/EXTRA CCCの2周目をプレイしている。CCCルートをめざして迷宮のセンチネルを倒す日々を送っている。

 

今日は四章の厄介なセンチネル ジナコを倒して、そのまま幕間まで突入した。

これさ…ほんと、すごいよ。岸波白野のメンタルの強さには心を打たれた。1周目のときは幕間に強い衝撃を受けて、しばらくは幕間のことで頭がいっぱいだった。これからレポートするのになんてものを見せてくれたんだ!と行き場のない衝動を抑えつつ、なんとかレポートは終わらせた…ような。

だからこの幕間のスクショとともに感想を書いていく。

 

 

 

 

 

まずジナコのPANISH TIME!!! 

f:id:mynmn:20160912193756j:image

SGの3つめは「しののろい」だったけど、直前のジナコの「フ女子なめんな!」という意味深ワードに惹かれて「ふののろい」を選択したらこれ。

白野は腐について知ってるらしい。

さらには「女性なら誰でも、何の理由もなく発生する」とも言っている。そ、そうなの…?

 

f:id:mynmn:20160912194226j:image

「棒状のもの」とは…?

f:id:mynmn:20160912194254j:image

もはやエロゲ。ジナコが色っぽく見える。

 

f:id:mynmn:20160912194350j:image

スイッチが入った白野を止めることはできない。どんどん攻めになる。白野に惚れそう。

f:id:mynmn:20160912194457j:image

もはやエロ漫画に出てくるセリフだ。

秘密をひっぺがしたらこんなことになるの?

 

ということでジナコが支配する階層は終了。ひとことでいうと、暗い階層だった。と同時に、これまでよりいちばんリアルなSGでもあった。

ジナコは自分に自信がなくてコンプレックスだらけ。でも助けを求める場所がわからない。ネットのみんなはいつでも暖かく迎えてくれたから、ずっとネットと暮らしてきた。中学を卒業してから引きこもって早15年。

という、とても心が重くなるような階だった。

ひとつ予想外だったのは、秘密を暴かれたあとも自分の部屋でのんびりとゲームをしていたこと。

秘密をひっぺがされた後、凛とラニは生徒会のメンバーになってものすごく活躍してきた。この2人がいなかったら五章以降は成り立たなかっただろう。だからそのように生徒会として、あるいはモニターとして積極的に協力するのかと思ってたら…あれ?と。なんだか皮肉っぽいその後だった。

 

そそそして、ジナコの秘密を暴いたあとは、ついに迷宮の外へ…!

 

f:id:mynmn:20160914150108j:image

白野とギルガメッシュはBBに遭遇。いざ対戦、というときに現れたのは生徒会長レオとそのサーヴァント ガウェイン。

f:id:mynmn:20160914150338j:image

f:id:mynmn:20160914150353j:image

かっこいい会長。ちなみに、きのこ先生がマシュの宝具とガウェインの決着術式が似てると言ってたのはこれだった。

レオ&ガウェイン VS BB が始まった。レオとガウェインは全力で戦うも、BBの圧倒的なスキルに負けてしまう。ドミナコロナムは最悪。

BBは優秀なサーヴァントであるガウェインを取り込むことによって自己強化しようとするが、レオが令呪を3つ一気に消費して聖杯戦争の予選までガウェインを戻した。ガウェインを過去に戻すことによって、契約していたという事実自体を抹消し、取り込ませることを防ぐため。泣く…!!!会長ーーー!!!

負けたマスターのレオは消滅し、迷宮の最深部に残るのはBBと白野とギルガメッシュのみ。

 

f:id:mynmn:20160914150513j:image

ギルガメッシュに怒るBB。写真撮ったら偶然半目になった。

f:id:mynmn:20160914151201j:image

悪魔の笑み

f:id:mynmn:20160914151531j:image

f:id:mynmn:20160914151554j:image

これはまだ謎。白野はギルガメッシュと契約するときに令呪を3つ使ったから、月の表側に戻ったところでマスターとしては認識されず、ムーンセルに消去される、という流れからのこの言葉なのだけど、「その人」が誰なのかわかってない。画面に映るのはギルガメッシュだけど…? ルートが終わって判明したらまた書きます。 

f:id:mynmn:20160914152023j:image

虚数の海に投げ出された白野。はい!!きた!!!!!!

f:id:mynmn:20160914152106j:image

ま、ま、まさかのBAD END?バッドエンド???どこで間違えたの??ショーーック

f:id:mynmn:20160914152141j:image

朗読はいつものアンデルセンじゃなくBBの声だった。なんと不気味。

いつもはこれから出てくるセンチネルについて詩的に語っているのだけど、これはBBの目指す世界について語られているようだった。

 

f:id:mynmn:20160914152358j:image

ここ。単語しか見えないけど、七章のネタバレがちらっと写ってます。69日。たしか、旧校舎の生徒会メンバーがサクラ迷宮を探索しだしたのはBBがムーンセル中枢についてからで、白野とギルガメッシュがムーンセル中枢につく69日前だったとか。個人的には乾燥保存と目覚めがきになる。

f:id:mynmn:20160914152734j:image

目が覚めた白野、二足歩行ができないらしく、這いながら何かないか探している。衣摺れとゴンゴンという音が不気味である。

f:id:mynmn:20160914152927j:image

生徒会メンバーが「何もないから諦めろ」と語りかけてくる。でもこれは幻想だ。

ここから白野の強いメンタルが現れだす。白野は、聖杯戦争の時点から過去の自分や自分についての記憶が曖昧だった。それでも前に進めるから、前を向けるから可能性は無くなってない。だから進む。白野、熱い。強い。

f:id:mynmn:20160914153217j:image

諦めることを知らない白野にBBは呆れ、白野を潰そうと敵性プログラムを送り込む。それを観測座標にして白野のいる場所にたどり着いたユリウスが代わりになって敵に立ち向かう。

上の写真は無印やってたらわかるんだろうなー。CCCルートが終わったら無印やります。

そしてユリウスにどこかに送り込まれる。

ギルガメッシュと再会!と思ったら、ギルガメッシュは白野のことを知らなかった。本来は許しなく話しかけるだけでも不敬だけど、ギルガメッシュもそれどころじゃないらしくて許可が下りた。ありがとうございます。

f:id:mynmn:20160914153538j:image

記憶はないけど、白野の態度は自分が王ということをわきまえたものだったから、とりあえず信じるという。ありがとうございます!

ユリウスに送り込まれてギルガメッシュに再会した場所は、どうやらギルガメッシュの心の中だったらしい。今話しているのは本能だけのギルガメッシュ。記憶を取り戻してもらうために最奥のレリーフに行こうとするも、ギルガメッシュはまだ白野のことを知らない人と認識しているため、心が敵と感知してダメージを与える。ボロボロになりながらも進む。

やっとレリーフの前までたどり着いたとき、BBが阻止を企んで敵を送りこむ。こんなボロボロのままじゃ戦えない。どうする…!

危機に瀕したとき、ギルガメッシュが助けにくる。「自分のためにここまでがんばってくれた人を見殺しにするわけにはいかない」というようなことを言ってた。王様!!!

f:id:mynmn:20160914154116j:image

レリーフの中にいる記憶を持ったギルガメッシュを呼び出し、そして宝具開帳。エヌマ、エリシュ!おめでとうございます。即死っていうチート宝具最高です。 これからもよろしくお願いします。

無事に旧校舎に戻ってこられて、桜や凛、ラニ、慎二とも再会。マイルームで休もう。

というところまでが幕間でした!!熱い!五章はかわいいかわいいエリちゃんの秘密をひっぺがす。楽しみです。

 

ここまで見てくれてありがとう。

もよねもね

JUGEMの使いづらさにマジ…?って引いてしまったから、巷で話題のはてブロを登録してみた。なんかよいぞ。

ガハハ 課題やろ ガハハ