もよねもね

ゲームの感想をあやふやな記憶で書く

FGO×CCCコラボイベントの感想

※いつも通りネタバレがたくさんあります

※投稿日から2か月以上前に書かれたものに加筆をしています

 

 みなさんこんにちは。今回はFGO×CCCのコラボイベの感想を書きます。随所にスクリーンショットを挟みます。

 イベントから2か月ほど経ってしまい、記憶がかなりおぼろげです。ふわっとした感想しかありませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 目次

 

 

f:id:mynmn:20170623214246p:plain

 

リゾートイベント、なわけなかった

 最初のイベント予告では「電子の海でリゾートイベント♡」という趣旨の説明があった。まるで、去年の水着イベのような雰囲気だった。

 最初は浮かれていたけど、BBちゃんがそんな生ぬるい事する?あと、CCCでいう「海」って虚数空間のことじゃなかった?と不安な考えがよぎっていた。始まると、予想通りかそれ以上のシリアスなイベントだった。

f:id:mynmn:20170623213801p:plain

(もはや特異点)

f:id:mynmn:20170623214116p:plain

(どシリアス)

 最初は無印そのものの雰囲気だったから、CCCってなんだったっけ?って戸惑った。以下はそのときのつぶやき

  •  このアリーナと設定、CCCっていうか無印じゃん!
  • CCCと呼べる基準はなんだろう…

f:id:mynmn:20170623214525p:plain

(アリーナ) 

 シナリオはイベント史上最大規模とうたわれていただけあり、更新の度に何が明かされるか楽しみにしながら進めることができた。

 

内容についての感想
  • パートボイスには驚いた。BBチャンネルもほぼCCCのままで嬉しかった。
  • 最初はメルトリリスが優しすぎて戸惑った。月の裏側でのキャッキャウフフ(生死をかけた追いかけっこ)の印象が強かったから、純粋に味方でいてくれるという事態を理解するのに時間がかかった。
  • 個人的に大きかった収穫は、メルトリリスとパッションリップが仲良く話していたこと。パッションリップは基本的にですます調で話す子だし、CCCではメルトリリスとの関係がぎこちなかったから、他愛ない会話に花を咲かせているところに癒された。二人がCCCのできごとを経た存在として精神的に成長したからこそ見られたシーンだね。

f:id:mynmn:20170624141657p:image

f:id:mynmn:20170624141740p:image

  • メルトリリスが誰かに語りかけているシーンを見たとき、最初は荒れ果てたアリーナの中に隠れマスターがいるのかと思った。そういうミスリードかな?

f:id:mynmn:20170624141828p:image

  • メルトリリスの真実→「ぐだが殺された未来」を体験したメルトリリスが過去の自分に真実を伝え、過去の自分に託してぐだを助けよう、というもの(で合ってますかね)。ゲームっぽくいうと、一周目でバッドエンドに行ってしまったから二周目は同じキャラでトゥルーエンドを目指す。ということだったかな?
  • やっぱりいたかキアラ。来ないはずがないと思ってたら、魔神柱を乗っ取って遊んでたらしい。そしてマーブルさんという人のよさそうなお姉さんになりすましていた。終盤にあった負け戦闘は、キアラの見た目や攻撃の効かなさ、明るくて眩しすぎる背景が絶望感を煽り、まるで地獄のようだった。KPという謎のポイントの正体はキアラを弱体化させるキアラパニッシャーという機能だった。
  • ギルガメッシュは影すら無かった
スクショ大会

f:id:mynmn:20170624141301p:image

△オルタじゃない方のエミヤを期待していたメルトリリスドン・ファンなんて言いながら、期待してるのがわかりやすい。

 f:id:mynmn:20170624141345p:image

 △明らかに不穏。資材の健康状態とは…

 f:id:mynmn:20170624141517p:image

△イベント中ずっとかわいかったし絶対に裏切らないしずっとかわいかった

 f:id:mynmn:20170624142230p:image

f:id:mynmn:20170624142234p:image

△アーチャーの砕けた話し方。SG1(ミリオタ一歩手前)のときっぽい。

f:id:mynmn:20170624142524p:image

f:id:mynmn:20170624142608p:image

△BBちゃんねるのスタジオに突入するセイバーオルタ。ギリギリのところで勝った。

f:id:mynmn:20170624142721p:image

 △カルデアに来たBBちゃん。かわいい。

 

思ってたのと違う

〜思ったことを長々と語ります〜

 イベントは、CCCでいう第一章~第二章のようにギャグっぽい雰囲気で、SG探しやパニッシュタイムがあると思ってたから、始まってすぐにギャップを感じた。FGOはダンジョン型ゲームではないということをすっかり忘れていたのだ。あと、特別仕様マイルームは生徒会室だと思ってたけど違った。アーチャー風の部屋にしたことに特に意味はなさそうだった。

 それにしても、シナリオの終盤は難しいことを言っていたなぁ。思い返せば、原作の終盤で観測宇宙や記録宇宙の説明が出てきたときも雰囲気で理解していた。

キアラについて

 いちばん考えたのはキアラのこと。魔性菩薩の礼装が正月に実装されたのは伏線っぽく見えたし、まさかキアラが出ないことはないと思っていた。でもいざ登場して、彼女が「並行世界ではけっこうやらかしました」ということを白状したときは、そんな盛大なネタバレをしてもいいの?とつっこみかけた。CCC内でもけっこう妖しい雰囲気で不思議な立場だから、未プレイでも勘が良ければラスボスっぽいことには気づくのかな?

 「CCCの醍醐味はパニッシュタイム、BBちゃんの正体・経緯、そして自分の選んだサーヴァントと旅をできることだから、真ルートボスが誰かなんてそこまで重要じゃないのでは?」と公式の擁護みたいな解釈をしたこともあったけど、シナリオは結局のところネタバレに変わりない(コラボで一定の範囲のネタバレをするのは仕方のないことだが、その程度が問題である)。このイベをきっかけにCCCを始めた人は、なんとか頑張って記憶を消すか折り合いをつけるか、知りながら楽しむかしてほしい。

ちなみにわたしは、契約したサーヴァントのSGを取得するときが一番楽しい。かといってネタバレOKでもない。

 

 CCCコラボに関する一連のイベントでもっとも衝撃的だったのは、殺生院キアラが実装されたこと。この件があまりにもショックで、その時から現在に至るまでキアラのマテリアルやプロフィールのネタバレをまったく見ていない。いま思えば、シナリオ中の立ち絵は実装されるサーヴァントのそれだったな…。※9月4日現在、サーヴァントNo.168のマテリアルは読んだ。

 

 いくらラスボスでも、妖艶な女性キャラだから好きだと思う人もいるだろうし、わたしみたいに事前にゲームをプレイしていた影響で苦手な人もいると思う。でも、好きか嫌いか以前に、ビーストが実装された事実に開いた口がふさがらなかった。てことはゲーティアくんもフォウも実装される可能性があるの?

 そしてもうひとつ。キアラがアルターエゴとして実装されたことで、これまでメルトリリスとパッションリップしかいなかったアルターエゴという属性が濫用されそうなことに危機感を覚えた。実際、アルターエゴの概念自体は汎用性が高い。すでにオルタが似たような使われ方をしているから、これからアルターエゴが増えないとは言い切れない。BBちゃん以外にムーンキャンサーのキャラが出てきたらゲームをやめるかもしれないと思っていたけど、さすがにそれはなさそうで安心した。※ホームズの体験クエストでムーンキャンサーのイノシシが出現したが、サーヴァントではないから個人的にはギリギリセーフ。しかしムーンキャンサーはBBちゃんだけだから、ちゃんとBBちゃんに始末してもらった。

 

そもそも方向性が?

 これまでの感想を含めて、今回のイベントを振り返ると「好きな作品だからこうあるべきだ」という期待が膨らみすぎていたと思った。

 かなり主観的に言うと、イベントを振り返っての感想は思ってたのと違うという言葉がしっくりくる。コラボ元の作品を知ってる状態でコラボイベに参加したのはこれが初めてだったから、一方的に期待が肥大化していたのかな。でも、だからといって全体的に不満だったわけではなくて、シナリオのボリュームや内容は十分に楽しめた。

 FGOは好きで、CCCは大好き。好きなふたつを組み合わせたら最強になるんじゃないか、というロシアンドリンクバー的な発想があった。原作だけが好きすぎると、こういうお祭りは受け入れにくいということも発見した。

 このイベントに限らず、わたしがコラボイベを咀嚼する前提として、コラボイベは他作品の要素を取り入れながらFGOなりのストーリーを展開させるという事実を心に留めておく必要があると感じた。執筆者の奈須さんが自身のブログで「コラボは"その後のイフ"を書く機会」と言及したのを見て、わたしが思うコラボとライターの考えるコラボは方針自体が違うものなのかと腑に落ちたのを覚えている。つまり、わたしが求めていたコラボイベは例えるならばCCCのサブシナリオだけど、奈須さんが考えたのはその後のイフなのだ。そもそもの求める/書く方向性が違うから、違和感を感じるのは当然なのかもしれない。

 

ついでに:ゲームシステム的な問題点 

 水着イベの高難易度クエストでアヴェンジャーが出現したとき、CCCコラボイベに参加できなかった(≒BBちゃんを受け取れなかった)マスターたちがムーンキャンサー不足に陥ったという声がちらほら聞こえてきた。実際に、高難易度クエを機会にBBちゃんを持っていない人とフレンドになった。

 ムーンキャンサー実装によって、アヴェンジャー>ルーラー>ムーンキャンサーというエクストラクラスの3すくみができた。ルーラーがアヴェンジャーに一方的に不利だった状況が改善されて、相対的なバランス調整がされた。

 でも、アヴェンジャーは敵として出てくることが多々あるから、有利クラスであるムーンキャンサーを限定配布にしたことはちょっと問題だと思った。今までの状況を見るに、コラボイベントの復刻は望みが薄いからなおさら。

 だからといって、ムーンキャンサーのサーヴァントは増やしてほしくない。アヴェンジャーやルーラー、そしてBBちゃんがいなければ進行不能なんてことはないけど、既に配布された以上、イベントに参加していないマスターは特定の状況でけっこう不利になりそうだ。

 

まとめ

でもさ、なんだかんだいってもやっぱりギルガメッシュは出てほしかったな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!ギルガメッシュがエヌマエリシュしたら一発で月の裏やセラフィックスが終わりそうだけどそれでも出てほしかったな〜〜〜〜〜!!!!

CCCコラボイベが楽しみ

※CCCおよびGOのネタバレ

 

 

こんにちは。今日は、CCCのコラボイベにあたって気になることを書きます。シナリオで前提となりそうな展開や、GOでの今後の展開に絡んできそうなこと、個人的にきになることを適当に予想します。適当なのでふわふわと読んでいただければ幸いです。

 

 

CCCイベントの開催が間近ですね!昨日は公式よりイベントの概略が発表されました。

FGOや他媒体のアンケートでCCCコラボを希望し続けていたので、ほんとうに嬉しいです。

さらに、まさかのBBちゃん配布。ぜったいに限定ガチャの大目玉だ思っていました。運営、太っ腹…!!(しかしこのあとの限定ガチャが恐ろしい)

 

そういえば、終章クリアユーザー限定のイベントでサーヴァントが配布されるのは今回が初めてですよね。参加するユーザーを限定するのは、シナリオの関係かと思っています。

もう少し具体的に言ってしまえば、エミヤオルタに関する謎が明かされるのではないかとおびえています。特効サーヴァントにもいましたね。

 

エミヤオルタの初出は、1.5部の第1弾・新宿でした。彼のプロフィールやボイスでは、腐った(オルタになった)理由として、ある人との出会いがあげられています。

名前こそ明かされていませんが、CCCプレイヤーならピンときます。あの殺生院キアラです。

キアラのことを簡単に紹介します。FGO礼装「魔性菩薩」の人であり、黒幕です。CCCでは、アンデルセンのマスターをしていました。

そこでわたしが気になるのは、エミヤオルタがエミヤである理由、そしてキアラとオルタ化する前のエミヤが出会う経緯です。

 

エミヤといえば、stay night(以下SN)に出てくるアーチャーの名前です。無銘は、EXTRAシリーズに出てくる赤いアーチャーの名前です。

見た目や基本的な性格、宝具などはほとんど同じようですが、まったく同じ人物というわけではありません。細かな設定やバックボーンに違いがみられます。

CCCといえばEXTRAシリーズの作品なので、キアラがSNに出てくるエミヤと出会うことはあるのか、というのがわたしの疑問です。どちらも地球での話なのかな?

 

- - - -

実は、先日のブログではギルガメッシュで3周目を始めたと言いましたが、気が変わり、 無印→CCCの2連続でアーチャー(無銘)と旅をしてきました。

アーチャールート、よかった。エンディングを見るたびにゲームを買ってよかったと思う。セールの時に1500円くらいで買ってごめんね…定価で買いたかった…ってぐらい好きです。

 

 

あ、でもトリスタンが出てくる理由は本当にわからない。

FGO1.5部 新宿 スクショと感想①

※ネタバレ

新宿をクリアしてしばらく経ちます。

ストーリーの記憶もおぼろげになったので、スクショをメインで貼っていこうと思います。

新章最初の新宿は、セイバーオルタさんを丹念に育てていたわたしにはサービス(?)のようなストーリーでした。私服だし、最初から最後まで味方だったし…!最高ー!!!

 

f:id:mynmn:20170319201802p:image

マシュは戦闘のスイッチ?が入らないとのことで、しばらくお休みらしい。ロマニと同じ仕事を担当してくれた。

今回はプロローグで、魔術協会に追われそうだということが言われていました。階位ももらってしまったし、後々おおきな問題になりそうだ。

 

新宿幻霊事件の幻霊って、たしかホームズさんが追ってたものだったね

f:id:mynmn:20170319201850p:image

新宿のアーチャーはやはりキャスターっぽい見た目をしているらしい。

f:id:mynmn:20170319201945p:image

「数千年の間」というわかりやすいフラグ。これで勘のいいひとならラスボスの見当がつく。

f:id:mynmn:20170319202246p:image

\かっこい〜〜〜〜/

f:id:mynmn:20170319202424p:image

\キャ〜〜〜〜〜/

f:id:mynmn:20170319202504p:imagef:id:mynmn:20170319202530p:image

新宿駅で迷うぐだ。

f:id:mynmn:20170319202642p:image

\ オルタさ〜〜〜〜ん/

 

f:id:mynmn:20170319202818p:image

エドモンがぐだに関わってくる場面

f:id:mynmn:20170319202858p:image

たしか邪ンヌが新宿のアヴェンジャーと戦うところがあった。

f:id:mynmn:20170319203527p:image

他作品ネタありがとう。槍兵さんは知り合いなんだね。

f:id:mynmn:20170319203544p:imagef:id:mynmn:20170319203554p:image

バーサーカーさんは、ファントムだった。新宿界隈をうろついてる人形「コロラトゥーラ」のボス的存在であるクリスティーヌも出てきた。紫ゲージがつらかったけど、ナントカ倒した。

f:id:mynmn:20170319203845p:imagef:id:mynmn:20170319203926p:image

 

f:id:mynmn:20170319204306p:image

エドモンがカブラギさんという武器商人と話しているときの場面。カブラギさんがぐだにペットを飼わないかと持ちかけたところ、「間に合ってます」という旨の選択肢を選んだときの会話。完全にわかってやがる…!

 

※ほとんど最後まで書いていたのですが、ミスで全て消えてしまいました。復元できたのがここまでなので、続きはまた次回にします。読んでくれてありがとうございました。

Fateで大忙し

ひとことでまとめると→1.5部 新宿のスクショがたまってきたから、クリアしたら適当に貼ります。

 

* * * * *

この前の記事ではCCCを始めたって書いたけど、やっぱり無印の方をちゃんとやろう!と思い、6回戦の4日目あたりまで進めた。サーヴァントはアーチャーで、凛ルートを選んだ。レベリングは面倒だけど、アーチャーとザビの関係がけっこう好きかも。確実に折り返したし、クリアまでもう少しだ…!

 

と思っていたところでFGOの1.5部が開幕してしまった。無印を投げ出して、いまは新宿で獣やチンピラや悪人と戦っている。

幸いにもツイッターでは思慮深いフォロワーが多く、あんまりネタバレが流れてこないからいいものの、やっぱりクリアはしておきたい。

 

それはさておき、来週は旅行で関東に行くんだ。新宿へ行く予定もあるんだよ。

このまったくの偶然を逃しちゃいけない!と思ってゲームを進めているけれど、都会に慣れていないわたしは新宿は治安がやばすぎるんじゃない…?!ってことしか頭に入ってこない。

都庁があるはずの場所には悪の組織が蔓延っている。(ネットでは)東口より西口の方が安全って聞いたけど、こっちでは西口のほうがやばい。怖い。ということでわたしが無事に帰ってこられるように祈っててほしい。 

 

その旅行では、関東にあるFateの聖地にも行ってみようかと思っている。調べたところによると、新都や柳洞寺、さらにはあの道(わかってほしい)さえもモデルとなった場所があるという。

だから、とりあえず聖地の把握のためにもstay nightをおさらいしなきゃ!という使命感にかられ、Amazonでソフトを買った。届いた。やってない。

 

来週までにはどうにか…どうにか……

と積んでるゲームを前にして瀕死状態です。なむ

3周目を始めました

EXTRA をぼちぼちやっていたつもりが、空き時間についつい手を出してしまった。しまった。

 

やっぱりCCCは楽しい。今回はノーマルエンドを目指していて、相棒は3回目のギルガメッシュだから飽きてしまわないか心配だけど、きっとまた楽しいだろう。

感想があったら記事を書くと思います。

ではまた。