もよねもね

ゲームの感想をあやふやな記憶で書く

テニラビ感想 ホワイトデーのキーストーリー(17人分)

※キャラクターはテニラビの並び順に準拠してます!

※今は17人のうち9人分を書いたよ。

 

 

前置きのまとめ

テニスの王子様 Rising Beat(略称:ラビ)のホワイトデー(キーストーリー)の感想を書くね。もちろんネタバレあるよ。

 

前置き

突然ですがわたくし、昨年末にテニスの王子様の世界に飛び込みました。スポーツもの(?)のジャンルは久々だったけど、ミネラルウォーターみたいにスッ………となじんだ。何だこれは。

そして数ヶ月。3月14日だ!ホワイトデーだ!!Chocolate Kiss for you…がやってきた!!!
ChocolateはまだしもKissってなに?と野暮なことを思いながらもバレンタインの時からちゃっかり楽しんでた。
ソシャゲのランキングイベントはマジでだるいし、リズムゲーなんて完全に脳死周回のパターンだと思ってたけど、気づいたらずっと周回してた。
わたしにしてはがんばったんだ。途中から誰にチョコ送ればいいかわからなくなったけど、合計17人にあげた。
そういうわけで、キーストーリーを読んでたら叫びたくなったから感想を書きにきた。ただの萌え語り。

 

ストーリー

1.越前リョーマ

「…俺だけじゃなくて、みんなにあげたんでしょ?」って発言が好き。こういうの学プリで見たよね?見なかった?そっか…。
そして最後には「来年ももらってあげていいっすよ」だって。次につなげる言葉!これがルーキーのちから!
発言はえらそうだけどリョーマくんらしい。でもこれ、本当に小春と話している?完全に夢女子が求めてるものをわかっていてびっくりした。まさに小春も求めてたと思う。

 

2.手塚国光

つつつつ釣りーーーー!!!!!!釣りー!!!!!!!合宿中に釣りとかできるんかい!もしかして二人きりで釣りかな?!?!?!小春と………
このあと魚を釣り上げたときのスチルが出るのを待ってたのに、来なかった。なんで?(答:乙女ゲーじゃないから)
手塚先輩、なんかいつも厳しそうなイメージだけど、釣りってテニス以外の会話とかできるチャンスじゃん。趣味の話とか聞けるじゃん。どうでもいい話ができるじゃん。ありがてぇ

 

3.大石秀一郎

天体観測日課ってロマンチスト!さすが美形!さわやか!青学(せいがく)の母!
星座とかを教えてもらったら、なんでもない日に夜空を見上げて思い出しそう。
手塚のときも思ったけど、物じゃないお返しで、自分の趣味や日課に付き合ってもらうのって乙女ゲー度が高い。
最後には「風邪をひかないように厚着してきてね」って言ってた。モテるわ。

 

4.不二周助

唐辛子入りのチョコあげたらしい。小春、やるな。わたしも食べたくなってきた。
しかもその流れで一緒にお菓子作りに持ち込むだなんて、小春、やるな。その状況が素直に羨ましい。
バレンタインの時は休憩中だから撮影はやめてってやんわり言ってるときあったけど、今回は大丈夫っぽい。お礼の一環???
最後に顔がアップになって(わたしが)照れた

 

5.乾貞治

乾のストーリー。バレンタインのときからずっと言ってたし、言ってなくてもだいたい予想がつく。そう、お礼は乾汁。お礼か?
「乾汁最新バージョン…」ってセリフだけボイスが流れたのがウケた。SR大石の肉汁ボイスみたいだった。
キーストーリーのこと半分くらい乙女ゲーだと思ってるから、学プリみたいに図書館で勉強おしえるとかだったらいいのになって思った。ラビだと乾汁キャラが根強い。

 

6.菊丸英二

屋上に呼び出し!お返しのクッキー!少女漫画だ~~~!!!お返しって、飴とかクッキーとか、中身で気持ちを表しているって聞いたことあるけど、地域によって違うらしい。特に意味は無いと予想します。

「俺ばっかもらうのもどうかと思ってさ」がよかった。わたし(小春)は別にそんなお返しとかぜんぜん大丈夫なのに…ほんとに?うれしい。もらっときます。

 

7.河村隆

テニラビでは寿司キャラが強めの河村(ルビ:タカさん)。かわむらすしを貸し切ってくれるってよ。ホワイトデーですし握ってくれるのどういうこっちゃって感じだけど、「誇れるのはこれしかないから!」みたいなこと言ってて、タカさんなりに受け取った気持ちに対してベストを尽くそうとしているのが最高にありがとう。

好きなだけ食べてってのサービス精神はんぱない・・・書いてたらすごくうれしくなってきたな・・・・・・小春は、何食べたんやろか・・・ ユウジくんが乗り移ってしまいました

 

8.桃城武

特にお返しは無かったけど、元気にお礼を言いにきてくれた。それだけでうれしい。かなり桃っぽい。ありがたい。あまりにも中学生すぎてかわいすぎて泣けてきた。これだよ、等身大の中学生~~~~!!小春でも乙女ゲーの主人公でもなく近所のおばちゃんみたいな気持ちになったよ。泣 たより味 泣

 

9.海堂薫

爆萌えで~~~~~~~す・・・・・・・・・

サンキューです・・・・・・

薫(呼び捨てです)は礼儀正しいからちゃんとお礼を言ってくれたんだけど問題はそのあとだよ

「あの後大変だったんスよ。部屋の連中に、誰にもらったんだって騒がれて」「お返しは絶対しろって言われて、だから今ここにいるんスけど」

え~~~~~中学生ジャン・・・・ありえん・・・・205号室で薫のチョコみて騒いでたの誰???誰????赤也はともかく、日吉と財前はこういうので騒ぐのがあんまり想像できん。

今日は好きなだけカメラ回してもいいから、それがお返しにならないかって言っていた。桃と違ってガチっぽかった。律儀な子だね。かわいいね。

 

青学まとめ

こうやって振り返ってみると、3年生はみんなお返しのプレゼントを用意してくれたのがわかる。3年と言ったけど、学年の違いよりも個々の性格だろうな~。でも超かわいくお礼を言ってくれたリョーマくんと桃と薫もかなりよかったし、全員分あげた甲斐があった。7000個×9人分、ほんとうにおつかれさまでした。

 

セイレムの感想(短文)

f:id:mynmn:20171226151605p:plain

こんにちは!

長文でいろいろ書いていたけれど見直すとしっくりこなかったから、思ったことだけをぱぱっと書きとめておく

 

 

思ったよりあっさり終わったな?!

思ったよりあっさりしてたという以外にコメントしづらい

たしか配信前のカルデア放送局で史上最大ボリュームといっていたけれど、まったくそんな気はしなかった ツイッターで「ゴルゴーンを倒して終わった七章」と例えられているのをみたが、まさにそういうあっけなさがあった

1.5部のなかでは一番ってこと…?確かにシナリオが多めだったけど、体感的には…

ぐずぐずいってもまとまらないけどなんともすっきりしない終わり方だったなぁ

 

実装鯖みんなかわいいまつりだった

f:id:mynmn:20171226153924p:plain

△なんでわかるの

キルケーーーーーー

きてくれキルケーーーーーー

 勢いのままに手を滑らせてガチャをまわして…爆死しました…

あとけもみみのシバの女王もかわいいだった

ぜんいん欲しかったな~~~ん

 

時限開放式に意味はあったのか

セイレムはメインストーリーで初めて時限開放式を取り入れていた

でも思ったよりあっさり終わったこともあって、結果的に本編より考察の方が盛り上がってた タイムラインに大量の○が氾濫していた

セイレムのころのタイムラインは深読み天国(地獄?)で、味方の彼の言動が変だとかこの発言がフラグになっているだとかたくさん言われていたけど、結局仲間はみんな最後まで味方でいてくれた

勝手に疑心暗鬼になって不安になりたくないよー!いっそのことフラグにも伏線にも気づかずに裏切られたい!

考察が深まりすぎしてまったのを見て、時限開放式じゃない方がすっきりした盛り上がり方(?)になったんじゃないかと思ったのだ

 

何が疑心暗鬼にさせたのか

なんでマスターのみんながいつもより異様な雰囲気だったんだろう

奥が深そうなクトゥルフ神話の要素をちらつかせてきたこととか、魔女裁判がテーマになってるから次は誰が裁判にかけられるのかという予想とかもあるかも

いろいろ思ったけどひとつ気づいたことがあったよ

f:id:mynmn:20171226163317p:plain

この公式の説明が不安を煽ってたのでは…?

念のため新宿・アガルタ・剣豪の公式告知を確認してみたけど、こんなストーリーの説明はまったくなかった 明らかに怪しいな

Fate/Grand Order」史上、最も異端で狂気に彩られたストーリーという紹介文、そして赤く染められたあの丘の背景画像 今にもホラー映画が始まりそうである

(狂気でいえばハロウィーン三部作の方が上回ってたのでは?)(メカエリチャンもなかなかの異端だったよね)

 

一番ブログで言いたかったのは最後に書いたことだよ

じゃあね

まだ途中だけどセイレムおもしろすぎない?

12月1日(金)時点で公開されている6節までクリアしたから、感想をブワァーっとぼわぁ――っと書くよ。

前回の剣豪感想は話の流れをけっこうまとめて本格的にネタバレしてて、自分でもこれ大丈夫かな…って思ってたけど書ききった達成感でしばらくブログのことを忘れていた。

セイレムおもしろすぎ

正直、実装前はあんまり期待してなかった。あからさまに不穏な雰囲気がアガルタっぽかったから。正直なところ、アガルタはがっかり感が大きくて無かったことにしてた。

最近アガルタを進めているフォロワーがメガロス戦のスクショをツイートしてて「そういえばここでFGOやめようと思ってた」とうっすら思い出した。それ以外はラピュタだったことしか覚えてない。もはや特異点としての記憶を消していた。

今年は英霊剣豪七番勝負がぶっちぎりで一番だろう。本当にいい夢を見させてもらった。武蔵ちゃん、おぬい、小太郎、段蔵、みんなの勇姿は忘れない。そして剣豪の余韻に浸っていたら、ひょんなことからリンボや柳生おじいさんの絵師である古海鐘一さんが描いている最高の漫画(バベルハイムの商人)に出会ってしまってもうお腹がいっぱいだった。新規クリスマスイベントさえ終わればもう怖いものはない、ホクホクの年明けだ、半ばそう決めつけていた。

いざセイレムが始まってみたらどうよ。最初から疑心暗鬼まつりだよ。これは祭りだ。最高だ。

剣豪とか七章みたいな「悪に立ち向かう」王道ものに心を打たれてきたから忘れていたけれど、わたしはFGOにはまる前までは湊かなえのドロッドロの小説が大好きだった。贖罪は本当に好きで文庫本を少なくとも5回は読み返した。

最初から暗いのはいつものことだけど、今回は事象があまりにも不可解で何も状況がわからないという怖さがあってハラハラドキドキ。

f:id:mynmn:20171201234647p:plain

マシュかわいいーーーー!!!!!!!!!

選択肢が「今日もふっかふかだね」だったんだよ。ぐだと固い握手を交わしたい。わかる。

f:id:mynmn:20171201234706p:plain

f:id:mynmn:20171201234708p:plain

ダヴィンチちゃんが召喚したサーヴァントが逃げたらしい

そしてメディアに扮してレイシフトしてしまった!!!!

ていうかこれマリスビリーのシルエットやんけ

カルデアの状況的にマリスビリーが生きてるわけないけど、魔術の世界とカルデアのあれ(最先端)のあれ(技術)なら蘇生とかよく似たホムンクルスの作成とかいけるでしょ マリスビリーさん何をしでかすの ここで二部に大きい伏線を?こんなにあからさまに?え~~~?????

ちなみに終章のマリスビリーさんこれね

f:id:mynmn:20171201234744j:plain

ほら ほら一緒じゃん アニムスフィア~~~!!!!

と思っていたけれどまったくの勘違いだった。でもこれはミスリード誘発してたはずだよ。だってこれまでこの影が出たことはほとんどなかったからね

f:id:mynmn:20171202000123p:plain

△七章とか終章あたりでも見たような流れ

どうやらこれが最後のレイシフトらしい

カルデア設定で国連がレイシフトの決定権がどうこうって話がたまに出るけど、あんまりピンとこないのよね。FGOの世界での国連ってどんな組織なのかしら。

f:id:mynmn:20171202000126p:plain

f:id:mynmn:20171202000128p:plain

△メディアさんあやしい

口調からして男だしやっぱりマリスビリーさんなのではと思った~~

けどキルケーだった

キルケーはかわいい 見た目がかなりかわいらしいのに口調がさっぱりしてるところがかわいい メタな話をするとイラストが左さんだからかわいくないわけがない

f:id:mynmn:20171202000130p:plain

f:id:mynmn:20171202000134p:plain

今回の特異点でほんとうにうれしいのは、久々にマシュが同行していること!!

第一部が終わってから戦闘ができなくなったらしく、2017年以降の新規イベントでも亜種特異点でもマシュはナビゲーター的な役割だったから、一緒に旅ができてとってもうれしい。しかもマシュがみずから立候補したんだよ。泣ける。

 

画像がアップロードできなくなったから今日の感想はここまでにする

とりあえずアビゲイルかわいいしサンソンもロビンもマタハリシバの女王も全体的に好感度が高くて明日の更新が楽しみ

英霊剣豪七番勝負 ネタバレ感想③

ネタバレ感想③最後の勝負&武蔵ちゃん体験クエス

今日も感想を言いにきた。記憶があやふやなところは適当なことを言っているから、くれぐれも参考程度でよろしく。

以前の記事はこちら

mynmn.hateblo.jp

mynmn.hateblo.jp

 

 

長い前置きをします。

実は妖術師やリンボ、エンピレオは序盤から登場していて、各節でうさんくさい会話をしていた。終盤までシルエットだったから正体はわからなかったけど、とにかくうさんくさい感じだった。

その場面にはたまに段蔵もいて、段蔵はリンボあたりから命令を受けていたのだけど、それとは別に、妖術師に直接雇われたような男もいた。見慣れたシルエットではなかったけれど、まぁどうみても佐々木小次郎だろうなという様子だった。

歴史や神話に疎く、サーヴァントの背景を踏まえた考察などできないわたしでもポケモンやテレビのおかげで知っていた武蔵と小次郎。武蔵ちゃんが主役だからにはどこかで小次郎と戦うのだろうと予想はしていたけれど、まさかここで出てくるとは…(前置き終わり)

 

厭離穢土城の起動は阻止されたけれど、お城が燃えてきた。早く脱出しよう!と思ったそのとき

f:id:mynmn:20171021211641p:plain

小次郎だーーーーー

しかも武内御大の絵だーーーーーーーー

ということで戦った。相手はセイバーの小次郎だった。燃えるお城のなかで戦った。(主人公、煙とは大丈夫だった???毒の耐性を持ってるらしいけどこれはさすがに大丈夫じゃなくない???)

この戦闘は小次郎との一騎打ちで、こちらも武蔵ちゃん単騎の出陣だった。エンピレオ戦あたりからサポート(NPC)武蔵ちゃんのレベルが上がって、第3スキルの無敵が使えるようになったのと、相手が攻撃等倍のセイバークラス単騎&そこまでレベルが高くないこともあって、わりと戦いやすかった。

小次郎のバトルキャラとモーションがかっこよくなってたから、これはセイバー☆5での実装がくるんじゃないか!と期待していたけれど、この前の金曜日にさらっとアサシン小次郎のバトルキャラとモーションが変更されていたから望みは薄い。

SNに出てきたサーヴァントはこれで全員モーション変更されたらしい。小次郎はこないの?!いつ?!レア度は関係ある?!と疑い深くなってたけど、このタイミングがぴったりだったね。

f:id:mynmn:20171021211653p:plain

武蔵と小次郎の戦い、その結果は…!

戦いが終わっても武蔵ちゃんは城から逃げず、自分自身の結末を受け入れるといって、主人公を城から投げ出して、消えていった。

f:id:mynmn:20171022183412p:plain

f:id:mynmn:20171022183423p:plain

ここでさりげなく小太郎が主人公をキャッチするよ。

 

幕間のような場面、もうひとりの武蔵が小次郎と話す。

f:id:mynmn:20171021211711p:plain

武内絵の小次郎かっこいいな…

f:id:mynmn:20171021211723p:plain

△村正は実装されなそうだなって思った会話

f:id:mynmn:20171021211734p:plain

△焼けた城を見にいった主人公が見つけたもの

f:id:mynmn:20171021211756p:plain

f:id:mynmn:20171021211746p:plain

△完全に死んでいなかった?

自称安倍晴明蘆屋道満だった(誰だろう)。蘆屋ナントカは、敵側幹部がしきりに口にしていた「サタン」の名前を呼んでいたが、ここでは伏せられている。第二部の伏線だと思われる。

 

カルデアに戻った主人公。廊下でエドモンに会う。部屋に戻ったあと、忠告?通り机の上を見たら、いわゆるビデオメッセージがあった。

f:id:mynmn:20171021211802p:plain

f:id:mynmn:20171021211812p:plain

△あの時は死んじゃったけどまたよみがえって世界を旅してるらしい武蔵ちゃん

f:id:mynmn:20171021211821p:plain

だいぶほっこりしたところでクリア。どこにあったかもわからない聖杯をもらい、

f:id:mynmn:20171022183228p:plain

小太郎がLv80になった。うちの聖杯はもうひとつも残ってない。

 

終わって余韻にひたりながら、そういえば武蔵ちゃん体験クエストがあったなぁと思って振り返ったら、伏線だらけでびっくりしたんだよね。

f:id:mynmn:20171022183241p:plain

f:id:mynmn:20171022183253p:plain

柳生のおじさん、まさかの体験クエストの最初に登場していた。ちなみに柳生さんはこの武蔵ちゃんとの戦いをきっかけにエンピレオになったらしい。なんという…

体験クエストでは、鬼ヶ島のようなところが舞台だった。宮本武蔵にあこがれていたという子鬼と同行していたが、その正体はずっと前に武蔵に倒された者だった。

f:id:mynmn:20171022183330p:plain

f:id:mynmn:20171022183340p:plain

f:id:mynmn:20171022183349p:plain

△「剣豪」で武蔵ちゃんと小次郎が戦うことを示唆する鬼

 

f:id:mynmn:20171022183400p:plain

△「剣豪」のアバンタイトル

「剣豪」のアバンタイトルでもちゃっかり伏線というかなんというか、振り返ったときに最高の気持ちになるカットがさりげなく入ってた。主人公が倒れる前に幻覚のようなものをいくつか見るんだけど、その中のひとつ。これは武蔵ちゃんが燃える城で自分の結末を受け入れようとしていたところ。

そのほか、アバンではカルデアの玉藻や酒呑童子などがさりげなく出ていて、伏線が丁寧に張られていてほんとうにびっくりした。最高かよ。

 

しめがうまく思いつかないけど、とりあえずこれで「剣豪」のふりかえりは終わりだよ。終わってからも武蔵ちゃんと巴御前が欲しくなってガチャをまわしたけど、お察しの通りな結果だった。

あと、わたしはわりとまじで小太郎を気に入ってしまった。今までは目が隠れている忍者の少年、という認識しかなかったし育てるのも後回しにしていたのだけど、今はスキル上げのために身を削ったり金リンゴをかじったりしながら素材集めの周回をしています。頼むからボックスガチャきてくれ。

次回のセイレムも楽しみだな。キーワードを見るだけでも暗くてエグそうなのが伝わってくる。年内に配信されるといいな。

最後まで読んでくれてありがとうございました。今回のネタバレ感想だけで、はてなブログのファイル利用量の70%を使いました。ではまた!

英霊剣豪七番勝負 ネタバレ感想②

ネタバレ感想②黒縄衆合地獄との戦闘~妖術師の最期まで

それ以前の記事はネタバレ感想①へ

mynmn.hateblo.jp

 

 

前回に引き続きネタバレだらけの感想を書きなぐっていくよ!遠慮せずにネタバレするけど、記憶があやふやなところは脳内補完で適当なこといってるかもしれないから気を付けてね!

 

そういえば、特殊演出直前の口上をみるに、英霊剣豪っていうのは英霊の体にわるいもの(宿業?)をうめこんだものらしい。だから英霊の体は入れ物(作中では骸と呼ばれていた)で、身体は中身のわるいものに支配されている状態だったような気がする。

声や見た目は英霊そのものなだけに、カルデアにいるサーヴァントが英霊剣豪として立ちはだかった場合、主人公が戸惑うことになる…というケースが次の敵にあらわれる。

 

ナントカ三戦目が終わった。次の剣豪のシルエット、やけに見覚えがあるような…。酒呑童子源頼光にしか見えないような…。

てっきり1節にボス1人だけだと思ってたのに、この節の名前は「黒縄衆合地獄」だった。まさかあの二人まとめて?そんなはずないよね~(笑)と余裕こいていたのだけど、

そんなはず、あった。というか、シナリオ的にも戦闘的にも一番ピンチを感じたのはこの節だったと思う。黒縄と衆合が庵まできて急にこどもたち(ぬいと田助)をさらっていき、みんなで裏山まで探しにいったところで主人公がさらわれ、主人公は衆合地獄に内臓をえぐられる、という波乱の連続。

主人公は看病してもらったあとすぐに彼女らを倒しにいったけれど、内臓をかきまわされたんじゃなかったっけ?もしかしてアヴァロンとか発動してた?

後からわかることなんだけど、衆合地獄(酒呑童子)が主人公の内臓をかきまわすシーンはただ趣味でグロいことをやってるんじゃなく、この世界にきて魔術回路がうまくつながってなかった(?)主人公のために、なじませてくれてたらしい。そんな手荒いやり方あるのかよ!

f:id:mynmn:20171021200653p:plain

△だいぶ関係ないスクショだけど見て。段蔵がかわいい。まする。

f:id:mynmn:20171021200705p:plain

△ぬいと田助を探しに裏山をのぼっている場面

ぐだって一般人(ふつうとは言ってない)って設定だったと思うけど、さすがに世界中をかけめぐってると足腰も鍛えられるものだよね。なんというか…この設定開示ありがとうな。よくわかんないけど、ありがとうな。

f:id:mynmn:20171021200717p:plain

△英霊剣豪が出現すると空が曇り、昼夜問わず空には赤い月があらわれる

f:id:mynmn:20171021200730p:plain

△戦闘前の特殊演出!

生放送でもあったように、今回は戦闘前に特殊な演出が見られる。スキップできないから、再挑戦するときに正直かなり面倒だった。かっこいいし戦うモチベも上がるけど、重くなりそうだねえって思ってた。

黒縄衆合地獄は文字通り地獄だった。ふたりとも全体宝具だし、容赦なく弱体付与してきて、これは萎える前にクリアした方がいいと思い、令呪3画と石ひとつでナントカ倒した。すべての戦いのなかでここが一番つらかったな。シナリオでわりとエグいことをやっていたのも相まって、戦闘が終わって3時間くらいは見たくなかった。

f:id:mynmn:20171021200740p:plain

△それを考えるとこの礼装はおそろしいコラボだ

 

四・五番目が一気に片付いたら事態が急変する。清姫のいる土気城が、英霊剣豪たちにのっとられ、マップが暗黒っぽくなる。城の名前は厭離穢土城らしい。厭離穢土城はまだ完全に起動してなくて、清姫をいけにえにしたら完成してしまうらしい。完成って、なんだろう。

f:id:mynmn:20171021211831p:plain

△「刻は来たれり」で魔陣柱の登場を覚悟したけど、結局いなかった

f:id:mynmn:20171021211844p:plain

△「ンンーッ」ってさ、萌えすぎて気持ちを言語化できないオタクあるあるかなって思ってたし、そうじゃなくても一瞬でこのキャラがイロモノだって分かるからすごいよね

f:id:mynmn:20171021211854p:plain

△黒縄衆合地獄を倒したあとの日常パート。武蔵ちゃんかわいい

日常パートの再開かと思いきや、城が大変なことになったからすぐさまかけつける。

f:id:mynmn:20171021211908p:plain

このシルエットを見た瞬間、衝撃が走った。シルエットは何度か見ていたはずなのに、なんで正体に気づかなかったんだろう。会話中に切支丹とか言ってたのに…!

f:id:mynmn:20171021211929p:plain

△1.5部おなじみの江戸文(当て字)

クリアしたあとに検索してたら「1.5部は監獄塔クリア前提だわ!」というツイートを見かけた。わたしは復刻のときに監獄塔をクリアしたけど、シナリオがあまりにハイコンテクストというか謎に包まれているというか、正直まったくシナリオの言わんとすることを理解できずにとりあえず読んだだけだったから、エドモンは今回どんなつながりなのかよくわかっておらず、良い助言をくれる、ということしかわからない。

夢を見ている間に敵を倒したり仲間が増えたり…という、監獄塔と「剣豪」の性質的なつながりなら納得できるけど、だからってなんでここに出てきたんだろう?新宿にも出てきたし、なんなら「剣豪」のアバンにも出てきたよね?なんでだ???

エドモンのまわりはいつもハイコンテクストな空気に包まれていて、もっと直球かつ熱血に話してくれないとわたしみたいなマスターが謎だらけになってしまう。

 

さて、タコみたいな海魔みたいな足をたくさん生やした城にいくと、イロモノことキャスター・リンボが出てきた。

f:id:mynmn:20171021211944p:plain

f:id:mynmn:20171021212001p:plain

自らを安倍晴明と名乗ったときはさすがに笑ったしちょっとショックだった。なぜなら、歴史や神話にうとく、ふだんは真名をきいてもヘェ~…?としかならないわたしでも知ってる名前だったから。平安時代陰陽師じゃないのかよ!こんなピエロみたいので…いいのかよーーー!

f:id:mynmn:20171021212014p:plain

と思ったらね、戦闘前に怨恨のかたまりみたいな強い雑魚っぽくなった。安倍晴明じゃなかったことに安心した。

ここも手強かった。ノーコンでいこうと思って2回くらいやり直した。最終的には術マリーの無敵とクリティカルを活用してナントカ倒した。

試行錯誤をくりかえしているからあんまりパーティには言及していないけど、今回のボス戦では術マリーにケイネス礼装(月霊髄液)を付けたのをパーティの最後に配置する、という通称「要塞作戦」を使いまくった。強化解除系のスキルを使われてもケイネス礼装の無敵は解除されないみたいだから、みんなもやってみて!!!そして術マリーに頭が上がらなくなろう!

 

f:id:mynmn:20171021212028p:plain

△使ったことがなかったはずの小太郎が…?

f:id:mynmn:20171021212039p:plain

△リンボにもナントカ勝ちました

f:id:mynmn:20171021212051p:plain

△小太郎がすごく怒っています

城に入っていったとき、段蔵がなにやらもごもご言いはじめた。武蔵ちゃんが「敵側のスパイでしょ!(意訳)」ってはっきりと切り出した。段蔵はびっくりしていたけど、みんななんとなく察していて、それでも仲間として一緒に行動していた。

敵側といえばもちろん剣豪たちのことなんだけど、壊れたからくりの段蔵を拾ってくれたのはキャスター・リンボで、直して段蔵を使っていたらしい。でもリンボのわるいところは、完全に直さずに中身を少しずつ壊れさせていって、その過程を楽しんでいたところ(ちょっと記憶があやふやでごめん)。

ハーーー、この時点で最悪じゃない???かわいい段蔵をさ。だめだよ。

リンボにあやつられて(命令されていて?)、主人公たちと段蔵は戦うことに。戦わずにすむのならそうしたかったよーーー

戦いが終わろうとするとき、段蔵は自爆して、壊れて消えていった。そこで小太郎は叫ぶわけですよ。「母上!!!

母との別れを済ませて、母からの魔力を受け継いで強くなった小太郎。立ち絵もいわゆる第二再臨から第三再臨になった。わたしはここで小太郎を金枠にしなければならないと決意した。

キャスターを倒して上の階へかけあがると、でてきた、謎すぎるフードマン

f:id:mynmn:20171021212107p:plain

 人を斬る…

f:id:mynmn:20171021211548p:plain

モノ…だったの………?

武蔵ちゃんも小太郎も村正も、そしてわたしもまったく予想してなかった展開へ。彼はサーヴァントじゃなくて生身の人間なんだってよ。狂ってやがる!

「1.5部は味方だと思ってたら敵側のボスでしたという展開が多すぎる」というツイートを見かけたが、わたしぐらい頭を空っぽにして見ていたらまったくそんなことに気がつかない。気づかなすぎて自分でもびっくりだよ。

武蔵ちゃんは剣士としてのプライドをかけてエンピレオと戦う。

f:id:mynmn:20171021211600p:plain

武蔵ちゃんが勝利。終章の人王ゲーティア戦のような、信念をかけた戦い。ひたすらにかっこよかった。

戦闘面についていうと、セイバークラスの男性サーヴァントはオリオンがいたら困ることはない。オリオン、いつもありがとう。KKUAM。

そしてさらに上にいくと妖術師こと天草くんがあらわれた。目が怖いね。スクショ取るのを忘れたよ。アヴェンジャーになってるから、BBちゃんで無双した。

はぐれサーヴァントの村正。自分が召喚されたのは妖術師にとどめをさすためだと気づかされ、すっごい演出がはじまる。

f:id:mynmn:20171021211610p:plain

BGMエミヤのアレンジが流れたし、武内絵のスチルだったし、ADVぽかった。あれっこれステイナイトだったか…?出自を聞く限りエミヤともシロウとも関係なさそうなのはおいといて、一番のみせどころはかっこよかった。

f:id:mynmn:20171021211627p:plain

小太郎が仕上げにグサッとして、妖術師は終わった。

(知らんうちに火事になってる…逃げないといけないのでは…)

 

きりがよいから一旦ここで終わるけど、

!!!まだストーリーの続きはある!!!

!!!むしろ今からクライマックス!!!

ネタバレ感想③ではクライマックス~終盤その他を書く予定です。

最後まで見てくれてありがとう!

 

つづきはこちら

mynmn.hateblo.jp